融資を学んで
FXで儲ける

つなぎ融資

つなぎ融資とは、物事の間と間をつないで保つ間の融資という事になるのですが、一般的に言われるつなぎ融資とは、住宅ローンを組む際に行われる一時的な借り入れの事を指します。

住宅ローンは完成した建物に対して融資をされますので、建築した建物が購入者に引き渡された時点で融資が可能になります。
例えば新築や中古マンション、中古の一戸建ての場合には、こうした住宅ローンは問題なく適用されます。
また、新築の一戸建て住居などでも建売にされている場合には、すでに建物があるために住宅ローンの融資が可能ですが、新築の建物を建築して住戸とする場合には、資金繰りについて考えなくてはならないことがあり、それは建物の建築費の問題になります。

一戸建てなどを建築する際には、家を建てる建築費がかかりますが、この建築費については、住宅ローンの範疇には入らないため、資金を借りることができないのです。

建物を建築する際には、建築会社や工務店などに対して、建築を始める際に着工金、棟上げを行う際に中間金、そして、建物が完成して引き渡される際に残金という形で支払うことが一般的になっています。

また、もちろん土地がなくては建物を建築することができませんので、こうした土地を新たに購入するのであれば、土地の代金や購入する際にかかる様々な経費も必要であり、実際に住宅ローンを借りるまでの間にまとまったお金が必要になってくるのです。

こうした際にお金を借りることをつなぎ融資と言い、新築の一戸建てに対しての住宅ローンの融資がされるまでの間をつないで保つ間の融資、という事になるのです。

つなぎ融資は金融機関に頼むことになる、借りた資金は後に住宅ローンにまとめられることになりますが、こうしたつなぎ融資については、取り扱っていない金融機関もありますし、定められた条件に乗っ取ることによって、土地代や諸経費、着工金や中間金などの建築費の融資にも住宅ローンを利用することができる金融機関もありますので、良く調べていおこくことが必要になります。

つなぎ融資を行う際に注意することは、多くの場合は、つなぎ融資をしてもらう金融機関で住宅ローンを組むことになるという事になります。
ですので、つなぎ融資をする金融機関を選ぶ際には、その先にある住宅ローンの条件や返済も併せて考える必要があります。

また、つなぎ融資は、一次的な融資であるという特性上、住宅ローン安堵よりも金利が高くなっているという事がほとんどですので、出来る限り自己資金を投入し建築費用を抑えるなどして、つなぎ融資に頼る額を抑えるという事も考える必要があるでしょう。