融資を学んで
FXで儲ける

融資出資

企業などが事業を行っていく上では、その事業を運営するための資金をどのように調達していくのか、という事が重要な事項となっていきます。
この資金を調達するため、一般的にとられる方法は融資、または出資という方法になるでしょう。

どちらも第三者の立場から資金の提供を受けるということでは同じなのですが、この二つは、その方法や意味合いが全く違うものとなっています。
大きく分けてざっくりと言うと、融資は資金の提供を借金という形で得るもの、出資は資金の提供を企業の運営に対する投資として得るものになります。

融資の場合には、資金を貸すことになりますので、貸主の側から見れば自分が債権者という事になります。
個人であれば証券会社を通して社債などを購入し、資金を企業に提供しその融資の証拠として債券を得ることを言います。
銀行などの融資であれば、資金を着業に提供することによって貸付手形を得て、融資の証拠とします。

融資を行った側の利点としては、この融資の証拠と引き換えにすることによって、融資した元金が戻されることと、融資期間には融資をしている分の金利を得ることができることになり、これが融資をする側のメリットとなります。
また、融資をする側の最大のデメリットは、企業などが倒産をし債務不履行になり、融資した資金が回収できなくなるというリスクになります。

また、融資をしてもらう側の利点としては、まずは必要な資金が得られること、融資を受けた資金に対しては、経営側の状況において判断をして資金を投じることができるという点がメリットになります。
融資をしてもらう側のデメリットは、融資された資金に対する金利を払わなくてはならない事、融資された金額を返金しない以上は、金利を払い続けなくてはならない事などがあります。

一方、出資の場合には、資金を企業に対して投資することになりますので、資金を提供した側から見れば自分は出資者、あるいは株式会社であれば株主という事になります。

出資を行い企業の株主などになった側の利点としては、この出資をすることによって、その企業の一部を担うことになるため、企業が成長して業績を伸ばすことにより、株主もその保有している株の価値が上がるために、大きな利益を得ることができます。

また、企業があげた収益から配当金として利益が得られたり、企業の提供するサービスなどを株主優待として受けることもあります。
このほかでは、株に出資することによってその企業の事業内容や運営に対しての発言権を得ることができるという事も、大きなメリットになります。

出資側のデメリットとしては、企業の業績がそのまま持っている株などの価値に影響してしまう事や、出資であるためにその資金の返済義務はないため、企業が倒産などした場合には、資金が一切帰ってこないということがあるのです。