融資を学んで
FXで儲ける

融資審査

企業などが運営をしていくにあたって、または、これかが企業を創業しようと考えた場合には、比較的に大きなまとまった資金が必要になります。
こうした場合には、特に中小企業などは銀行などに資金を融資してもらう事となるのですが、この融資を受けるためには、銀行などの様々な審査基準を通過し、融資をするに値する企業であるという事を、銀行に理解してもらう必要があるのです。

融資をしてくれる銀行には、当然、私たちに融資をしてくれる資金を持っているのですが、この資金は中央銀行である日本銀行から借りたものや、顧客として銀行に貯金を預けてくれる預金者からあつめたものを原資としています。
銀行はこの資金をもとに、私たちに融資をし、そこから生まれる金利を利益として得ていることになります。

ですので、もし銀行が野放図に融資を繰り返して行い、このその融資した資金の金利を取り損ねるばかりか、融資資金そのものの回収ができなくなってしまった場合には、政府や顧客である預貯金者などに対して、大きな信頼を失うことになり、銀行としての機能は失われてしまいます。

こうしたことから、銀行は私たち融資を受ける企業などに対して厳しい審査基準を持っており、また、こうした信用を失わないために政府の行う金融行政に対してその指示に従い、また、銀行という企業としての経営を全うするための利益の向上を目指しているために、その審査基準は大変に厳格なものになっているのです。

では、銀行の融資審査ではどのようなことが企業に求められ、また企業のどのような部分を銀行は注目して判断しているのでしょう。
銀行の融資審査では、決算書などによるその企業の格付けや、経営者や企業の体制や資質、成長性、万が一の時の充分な担保があるかどうか、などによって判断をします。

決算書などの書類では、自己資本比率やそれに対する借金の比率であるギアリング比率、企業で運用している資金からどのぐらいの利益が出ているかを判断する総資本経常利益率など、さまざまな情報によって、企業の状態を判断します。

また、企業の経営者そのものの資質や従業員の能力、業界内の競合の状態や業界自体の特徴なども審査の基準になりますし、土地や建物などの不動産や、車両や設備機器などの動産、保証人や連帯保証人などの担保についても審査の対象になります。

このように、様々な事柄が融資審査における審査基準となるのですが、やはり何よりも信用が一番に大切になりますので、この点をしっかりと踏まえておく必要があるでしょう。