融資を学んで
FXで儲ける

融資制度

融資制度とは、様々な状況によって融資を必要としている人たちに融資を行う制度の事で、とくに銀行などでの厳しい融資審査には条件が能わない場合や、こうした状況に陥りやすい起業をする際などの融資を助けるための制度の事を言い、特にこの創業や開業を対象としたものを制度融資と呼んでいます。

新たに起業をする場合には大きな資金がかかり、これをあらかじめ調達してから起業、創業という事は大変に難しいことになります。
こうしたことから、国や地方団体、独立行政法人などの公的な団体がこうした起業をしたい人たちを支えていくものが融資制度になります。

このような融資制度を行っているのが、日本政府が100%の出資をして行っている政策金融機関である日本政策金融公庫になります。
この日本政策金融公庫には実に様々な融資聖堂が存在し、多くの中小企業にとっては大きな支えとなっているのです。

こうした融資制度には、融資を受ける企業にとっては大きなメリットが存在しており、その最たるものは、やはり銀行などの金融機関よりも融資審査が通りやすいという事になるでしょう。

銀行では、融資を行いその金利を利益としている事、また融資のために貸し付ける資金は顧客である預金者から集めた預金であることなどから、融資審査が厳しくなっており、より確実な返済と収益のために、多くの場合は順当に事業が運営されている企業に対して、新事業の展開や設備投資などのために融資が行われ、まだ見通しの立たない新たな起業や創業などに対しては、ほとんど融資を行わないのです。

日本政策金融公庫など、融資制度をもつ団体や期間は、こうした起業の手助けをするために設立されているために、融資を受けることができる可能性が非常に高いのです。

また、そうした事情から、融資の期間が長期間に設定されていたり、支払わなくてはならない金利が低く抑えられているというのも大きな利点の一つになるでしょう。

もちろん、融資制度は起業や創業の資金の融資だけではなく、企業の運営などに関わる様々な場面において利用をすることができます。

例えば、日本政策金融公庫の例であれば、売り上げが減少などにより事業の状態が悪化している企業を対象にした経営環境変化対応資金や、取引先の金融機関や企業などが経営破たんや倒産などをし、それによって経営や資金繰りが困難な場合には、金融環境変化田覆う資金、取引企業倒産対応基金などの融資制度を利用することができます。

また、若者や女性やシニアの起業をサポートするものや、かつて起業していたが廃業をした方を対象にした融資制度など、様々な支援体制が整っているのです。