融資を学んで
FXで儲ける

個人融資

個人融資は、企業ではなく個人として融資を受けることになるもので、広い意味で解釈すれば、住宅や車を購入するためのローンや、学費などを借りるためのローンも個人融資となります。

一般的に個人融資と言われて思い浮かぶのが、消費者金融などを利用しての融資という事になるかと思います。
大手消費者金融のメリットは、比較的に審査のハードルが低く融資をしてもらいやすい点、また、審査のスピードが速く、融資の手続きをした即日にはお金を借りることができる点という事になります。

また、大きな駅の駅前や幹線道路などにもキャッシュディスペンサーが設置されており、扱いがしやすい事、また、面と向かって融資の契約手続きをしなくて済む無人契約機なども併設されており、融資の受けやすい環境がとともっているというもの利点に挙げられるかもしれません。

しかしながら、消費者金融は融資が受けやすい分、金利が高いという事が最大のデメリットになり、返済までの期間が長ければ長いほど、高い金利を払い続けなくてはならないので、消費者金融を利用するのであれば、短期間の間に返済の目途がついているという事を前提として考えるのがいいでしょう。

銀行でも個人融資は行っており、消費者金融よりも金利が低く設定されるのが最大の利点でしょう。
また、銀行でのカードローンの提供により、担保や保証人がなくとも比較的大きな金額の融資を受けることができるようになり、一昔前のように何度も銀行に手続きに出向いたり、その用途などが限定されるという事もなくなりました。

銀行での個人融資は、審査にある程度のものが求められることにはなり、また収入なども安定していることが条件になることにはなりますが、こうしたことが整っているのであれば、申し込みをしたその日に融資を受けることも可能であり、以前よりもずっと身近になったと言えます。

銀行の個人融資では審査のために様々な書類が必要にあり、銀行ごとによって提出を求められるものが違っているのですが、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明が可能なものや源泉徴収票、納税証明書などが必要になる場合がほとんどです。

このような銀行や消費者金融での個人融資の他に、社会問題にもなっている融資法があり、それが、インターネットやSNSを利用して行われている、個人間融資となっています。

この個人間融資は、個人同士がネットで借りたい人、貸したい人をマッチングして探し出し、個人的に融資を行うものになります。
もちろん、法的な根拠などは何もないために、法外な金利を摂取されるなど様々なトラブルの温床になっており、いわゆる闇金や詐欺の窓口になっていることがほとんどです。