融資を学んで
FXで儲ける

銀行融資

銀行では、顧客である預金者から預かったお金や、中央銀行である日本銀行から借りたお金などを企業や個人などに貸し出すことによって、その利子などから利益を得ています。
つまり、銀行にはお金を預けるという業務の他に、お金を融資するという業務も行っているのです。

銀行融資の利点は、大きな資金を持っているなどの理由から、顧客からの預金などの資金を持たないノンバンクの金融機関よりも、金利が安くなっているという事があげられます。
こうしたノンバンクは、多くの場合は銀行からお金を借りることによってその業務を執り行っているため、どうしても銀行の設定する金利よりも高くなってしまうのです。

これに対し、銀行融資の場合には直接にお金を借りることができるために、必然的にその金利は低く抑えられるという事になるのです。

こうなると、誰もが銀行融資を選ぼうという事になりますが、実は銀行融資には厳しい審査があり、なかなか融資をしてもらえないという事があり、これが銀行融資のデメリットとなっているのです。

例えば企業などが、事業資金を目的として銀行融資を受けるためには、銀行がそれぞれに行っている審査を通過する必要があります。

この審査にはあらかじめおおよその基準が決められており、その企業の財政状態や、過去と現在の経営の状況、行っている事業や業務の内容、企業の信用状態、などが一定の基準に達しているかどうかを審査し、これを通過した企業だけに融資を行う仕組みとなっています。

また、担保や保証人などに対し審査も厳しく、債務の履行が難しい場合に弁済を行う担保では、多くの場合は土地や家などの不動産が設定されますが、これに対して評価額も低く見積もられることもあります。
また、保証人についても、いわゆる保証人よりも重い責任を課せられる連帯保証人を元得られることがほとんどであり、こうした部分も審査に通りにくい一因となっています。

このために、いわゆる街の工場や商店のような小企業では、こうした審査基準に達しないことが多く、融資した資金が回収されないことが見込まれるために、融資は行われないケースが出てしまいます。

つまり、本当に融資が必要な状態にある企業が融資を受けることができず、銀行の審査基準に達した企業、小企業であっても経営基盤が安定しており、資金も豊富に持っている企業が融資の対象になるなどするために、銀行融資は、経営が難しくなって本当に困っているときには融資が行えず、企業が好調な際には銀行側から融資を受けるように促してくるというような矛盾が生まれている現状があるのです。