融資を学んで
FXで儲ける

融資

融資とは、お金を滞らせずに通ずることを意味しており、お金に余裕があるものが、お金を必要とするものに対して資金を貸すことによって、この資金が循環していくことを指しています。

この融資という行為は、私たちにとっても身近なことであり、世の中の多くの仕組みがこの融資によって成り立っています。

例えば、お金を融資するという立場であれば、銀行や消費者金融などの金融機関などが融資の最たるものになりますし、またお金を借りるという事で言えば、ほぼすべての企業や店舗がこの銀行などから企業の事業資金を融資してもらっていることになります。やってはいけない形として、昨今よく取り上げられている短期取引などにこのお金をつぎ込んでしまうことがあるようで、注意が必要です。詳しくはハイローオーストラリアのシグナルを参考にどうぞ。

また、私たちも銀行に預金という形でお金を貯めていますが、この銀行にお金を預けるという行為は実は、私たちが銀行にお金を融資しているという事であり、銀行は私たちから融資された資金を使って、多くの企業や個人などに融資を行い、その利子を利益とし私たちに預金の金利として還元しているのです。

このように、融資は私たちの生活とは切っても切り離せないものになっていますが、企業にかかわる言葉には、融資と出資という言葉があります。
似たような意味合いで使われることが多く、混同してしまうケースも多いのですが、この二つは実は全く意味や状況が違うものであり、特に企業にかかわる話では、この意味としっかりと踏まえておかなくてははりません。
参考FXで儲けたい?まずはバリュー投資からもどうぞ。
まず先ほどの融資ですが、これはその通り資金を必要とする企業に、資金を貸し付けることになります。
融資した資金は、必ず返さなくてはなりませんし、その際には融資を受ける時点で取り交わされた様々な条件に従うひつようがありますし、金利などを上乗せして返済をすることになります。

これに対して出資は、資金を必要とする企業に対して、資金を与えることによって資本提供を行うことになります。
出資した資金は、基本的に返す必要がなく、その見返りとして企業は資本の提供者に対して、企業の事業展開などを決定する権限と、企業の上げた業績による利益を分配してもらう権利を得ることになり、融資と出資を比べた場合の最大の違いは、提供を受けた資金が、その提供主に戻されるのか、戻されないのか、という部分にあります。

こうしたことから、融資の場合には貸主にとっては、元資金が戻ってくること、金利が利益として得られる、という事がメリットになります。この辺りはFX取引の外為オンラインにも詳しく出ています。

一方、出資の場合には出資者にとっては、企業の成長によって利益が出る場合があること、企業の運営などに関して、より利益が出るように意見を言える事などがメリットになります。

このように、出資と融資とは大きな違いがあり、出資とは企業や個人などが資金の提供を受け、その後にその資金を返却するという事を意味しているのです。